2020年08月08日

章立て変更

 長い梅雨が明けようやく夏がやってきましたね。いや本当今年の7月なんだったの……ほぼ1か月毎日雨ってお前……。

 それはさておき、Fatusの章立てを変更しました。これまで1章4節4項の16回構成だったものを、今度から1章4節6項の24回構成に変更します。
 変更と言うかPPとか桜魔とか元々その辺りの話はこの24回構成を基本にやっていたんです。楽園夢想も章の名前の付け方が違うだけで1章24回、2章で全48回構成と言えますし。

 FatusはFatusで一応色々と思惑あって4×4の16回構成にしていたんですが、結局やりにくいのでいつも通りに戻すことにしてみました。実際書いてみると1回の中でも結構区切りを入れた方がいいところが多くて、あんまり1回分を長くする意味がないどころか項数増やした方がいいなこれってなったのです……。

 2章序盤の詰まっていた部分も項数増やしたら割と解決しそうですが、その分下書きの完成はちょっと伸びます。てへ。
 2章4節はすでに6回構成で書きましたがやっぱこの方が書きやすいです。これで後は章立て云々以前に練り直し待ちだった3節も書き始めらるのと、なんとか詰め込んだはいいもののやっぱりしっくり来なかった1、2節も一度見直したいと思います。一体いつ終わるんだ2章の下書き。

 この夏はどうやらFatusの下書きで終わります。あ、秋には清書してサイトに上げたい。ばらはかの改稿も序盤読み返した意味がなくなりそうなほど時間経っててふええってなってる……。

 そんな感じですがもしもお読みいただける方がおりましたらよろしくお願いいたします。
posted by きちょう at 13:30| サイト管理

2020年07月21日

夏だけど暁を覚えず

 理由のわからない慢性的な疲労感に悩まされて幾星霜。
 体調不良の記録をとったカレンダーを読み返しながら唐突に気づく。
「これ原因睡眠不足じゃね?」

 自律神経が終わってた頃の反省として朝起きる時間はきっちりしようとしていたんですが、夜眠る時間がばらばらで寝付くのが遅ければ当然睡眠も減ると言うスタイルでやってたら一日の睡眠時間がなんか短い日が多かった。昼寝とか不眠とか色々なものが絡んでいたんですが、その総てを考慮にいれても睡眠時間をもっと増やした方がいいという結論になってあれこれやっていたのが今月前半〜半ばの出来事です。

 つまり……今月も原稿が進んでない!(オイ)

 体調不良で家にいれば執筆が進むとか幻想だよねー。実際は体調悪いと小説書く体力気力さえ持ってかれるぜ! ってことで睡眠関連のあれこれやっている間はまた原稿が進まなくて目標が達成できそうにありません。おのれ。

 できれば7月中にファートゥス2章の下書き書き上げて来月からはその清書とばらはかの改稿を進めたかったのですが無理でした。
 ここで焦って後で納得行かずに書き直しだと1章の二の舞で効率悪すぎるので下書き終わるまではのんびりじっくり考えることにします。

 まぁ2章に関しては資料を読めてないのでのんびりやっても結局後で書き直しする可能性が高いんですが……。

 7月はそんな感じでした。とりあえず少しでも下書きを進めたい……。
posted by きちょう at 19:11| 日記

2020年06月14日

進捗(進まない)

 さていつも通りこんばんは。珍しく月半ばに日記を書きます(いつも忘れてて月終わりか次の月の初めになる)。

 と言っても内容はファートゥスの2章が全然進んでませんというどうしようもないことですが(オイ)。

 最近は下書きを書いて一通りエピソードを並べてから文章に肉付けする方法を取っているんですが、その下書きの段階で詰まりました。
 と、言うよりも、もともとプロットの練り込み不足が下書きで実際に簡単な文章を置いてみて明らかになりました。ぐえー。つまり、プロットの部分から練り直さないと駄目じゃんこれー。

 ファートゥスは元々過去の反省から話が間延びしないよう、エピソードをガンガン詰め込んでいくタイプの話にしようとしていました。

 詰め込み過ぎた(本末転倒)。

 いやまだ原稿が完成してる訳じゃないから完全な失敗でもないんですけどね。ある程度制限つけてその中でどう構成するか頭を捻りながら書かないと決められた枚数でクオリティを上げる能力がつかない訳ですし。 

 ただまぁファートゥスの場合話の性質のせいでそのハードルが無駄に上がり過ぎてる気がしてきました。
 前半が星狩人試験で後半が一の魔王戦という構成の1章もそうですが、普通だったら2話くらいかけてやるべき話をあえて1章分にまとめてるので場面と場面の間に一切の無駄も許されない感じになっとる。

 人の感情に訴えかけるのってその一見無駄な余白や空白に感じられる時間なんですよね。
「彼らが出会ってから三日後」とか一文で書いたとしても、読む方は「つまりこのキャラたちは三日間こういう風に日常を過ごしたんだな」って自然と想像して補完してくれる訳で。
 その空白を完全に埋めちゃうと物語が成立しないんですよね。しなかった。昨日の休みに書いた2節分の内容が練り直しの上で書き直しだよ畜生。

 ばらはかの改稿もあるし他の中途半端な話もなんとかしてやりたいしたまには新作も書きたいし、で一度書いたはずの文章をまた直すのかと思うと気が遠くなります。
 しかし、こうやって作品が完成する前の段階で「こりゃ駄目だ」と気づかないといつまで経っても面白い話を書けないと言うのも事実で。

 頑張って作ったからと言って、それが素晴らしいものになるとは限らない。小説に限らず全部同じですよね。私のこれ以外の趣味だとレジンなんかもそうですし。いつだってトライ&エラー。

 むしろあれこれ考えて計画立ててそれでも失敗して、そこから本当はどうすればよかったのかとか、これからどうやってリカバリーするのかを考えることでようやく一段上に練り上げたものができます。

 だからって毎回毎回お出ししたものを即座に改稿するのもアレだと1章直後の改稿から反省してこそのストック形式、完成までの練り直しを多くするやり方に変更したわけで。
 その分続きをサイトに上げられるのがいつかわからなくなってまいりました……。

 すでにファートゥスをお読みの方はどうぞ気長にお待ちください。
 ばらはかの改稿に関しては、ファートゥス2章の下書きが完成して一段落したら手をつけようと思います。とにかく下書きさえ書いてしまえば肉付けはそう手間もかからないんですけどね。とにかく下書きが一番難しくて。
 ファートゥスの下書きが完成したらその清書(肉付け)作業はばらはかの改稿と平行してやろうと思います。ばらはかの方はあんまり元の話と変えようとしても混乱するだけですし元の話がそのままプロットになるので最初から最初から清書作業に入るようなもんなので。……10年前にやっとけよって話かもしれませんが。

 今月はこんな感じです。来月にはせめてファートゥスの下書きでも完成……いや、それができるかどうかが今回のミスでわからなくなってきたという話なんですが。

 いつも通りぐだぐだですいません。こんな状態ですがよろしくお願いします。
 それでは失礼します。
posted by きちょう at 20:41| 日記

2020年05月26日

徒然なるままに反省会(追記にメルフォ返信)

 ばらはかの改稿をするよ! と宣言してからたったの数日。まだ読み返しも最初2章しかしていないのにすでにツッコミどころ満載過ぎるので日記にまとめておきます。

 ※下の方にメールフォームの返信も載せています。

 *****

 とりあえず「荊の墓標」の1,2章読み返して思ったことは、内容がねぇな! ってことでした。文章量の割に思った以上に薄いよ内容!

 ……えーと、これに関しましては一応理由があることにはありまして。
 荊の墓標は当時「1人称でできるだけ多くのキャラの視点から話を説明する」という謎の挑戦をしていたのでその名残で視点が変わると以前他のキャラ視点で書いた内容が重複することになってます。

 これも今なら重複させずにわかりやすいようあれこれ工夫するだろうなぁと思うのですが、当時はそういうやり方しかできなかった。
 Twitterの方でちょろっと書いたんですが、私が昔読んでいた小説がそういうタイプの書き方だったんですよね。昔途中まで読んで続きがずっと発行されていなかった作品を最近電子書籍でようやく完結まで読んだのですが、まぁそんな感じでした。先生、他の作家さんの本と同じ値段なのにこの本やけに薄くありません? ってちょっと思っちゃったよ。好きなんですけどね。

 昔に比べて読む作品も書く作品も増えて、今はある程度読みやすさのバランスが定まってきました。
 しかし荊の墓標に関しては、私の創作活動の中でも本当に初期も初期の作品なので、そういう試行錯誤の後やら色々な粗やらが無数に出てきます。
 文章力以前に3点リーダの使い方が間違ってたりとかどうしようもないレベルだったのでこれでも一応一度以上改稿しているはずです。
 その改稿で1人称をやめて普段の3人称形式に戻したのですが、序盤はそれでも修正が追い付いてないので1章とか2章の辺りは特に酷いんですよねアハハ(遠い目)

 荊の墓標を書いていた頃はまだ夢幻久遠も同時進行中。つまり、当時の私は長編を完結させたことが1度もない状態であの話を書いていました。
 とにかく書くことに必死で振り返って色々考える時間、自分で自分のやり方の粗を見つけてもっと効率よくできないか、もっとこれとかあれとかそれの質を上げられないか、と試行錯誤する時間をほとんど持っていませんでした。
 単純に勢いだけで突き進んだと言う。

 ほぼ第1作に途方もない長編を書くことを選んでしまったがために「荊の墓標」「薔薇の皇帝」セットは、一作品の中ですら時期によって質の差が激しいどころか、その時期に作者の実生活で色々ありすぎたために完結が危ぶまれたり「薔薇の皇帝」仮完結からの後に途中エピソード追加とかなかなかカオスな状態となっています。

 そういう諸々を考えた結果、そのうち改稿してもうちょいまともな形にしてやりたいとは常々思っていたのですが、今年ようやく腹を括って改稿の決意をいたしました。

 量が量なので本当にいつ終わるのかはわかりませんが、読み返しに比べて新しくまとめるものは元よりかなり話数が減ることになります。

 最初は半分くらいの10章ずつになるかと思っていたんですが、ばらはか1、2章まで読み返した感じもっと減りそうです。後半になるほど書き方が変わっていくので全て1,2章と同じにはなりませんが、それでも大分ざっくり無駄なところは削ると思います。

 書いたけど使わなかった設定とか出てきたのに何にもしてないモブとか本当になんでそんなもん入れたレベルのものは無駄として削りますが、キャラの行動や感情で必要なものだけどこんなに長々書く必要はないよな……と思うものはもっと端的かつさくっと刺さるように表現を工夫して圧縮する必要がありますね。

 なんにせよ、改めて読み返した結果やはり割り切れないレベルの心残りが散見される作品ですので、せめてサイトの他の作品ぐらいには体裁を整えてあげたいと思います。2回ぐらい改稿したはずなのにまだ修正されてない3点リーダとか……(オイ)。

 しばらくはばらはか改稿&Fatusの執筆で忙しいと思いますが、少しでも余裕ができれば他の新作も書きたいなぁと思っています。

 ばらはか関連で色々考えると常に問題になるのは古い作品の改稿よりその反省を踏まえて新作書いた方が良くない? ということです。
 とはいえ、男女カプに比べてBLのネタが最近全然降って来ないということもあり、当分我が家のBLは改稿が主なものになります。
 ……定期的に書きたくはなるんだけど本当にネタが降って来ないんだよねBL。何故だ。

 長くなりました。
 これまでお読みいただいた方々、どうもありがとうございました。そして今後ともよろしくお願いいたします。


 以下、追記にメールフォームの返信です。
続きを読む
posted by きちょう at 12:40| サイト管理

2020年05月23日

お疲れ気味の5月

 自分も家族も世間もみんなあちこち疲れてて大変ですね。

 そういう時こそ現実逃避という訳でもないのですが自分が長期的にやりたいことの目標を立てて頭が空っぽになる時間を作らないのが吉だと思います。

 と言うわけで、茨の女王という長編をやってる最中なのですが過去作の改稿を計画しました。
 「荊の墓標」とその続編、「薔薇の皇帝」を改稿します。やるやる詐欺じゃなかったのかあれ!

 あの長い話を一から読み返して設定や世界観、キャラ設定を整理してちょこちょこ変更を加えた上で再構成し直すので、やる、と一言で言ってもどのくらいかかるか自分でも見当がつきません。どんなに時間がかかってもいつかはやりたいとは思っていたので、ついに着手しますよの宣言だけ出しておきます。

 ついでという言い方もなんですが、「夢幻久遠」の方も考えていることがあります。あちらはすでにフロンティアというリメイク作の第1章だけ書いているのですがその後がどうしても続かなかったので、更に練り直します。
 練り直すと言うか、こちらはそもそもの共通シリーズの世界観や設定自体を整理しなおしてまとめてそこから話を組み立て直そうと考えているので、設定をきちんとまとめるまでいつ頃本編に手を付けられるかわかりません。

 なんか途方もないほど先の話ばかりしてますね。一応色々考えているよってことで。

 荊の墓標はまだともかく薔薇の皇帝が途中ガタガタなのはその間に体を壊してもうダメ……長編とかマジ無理……となっていた影響が多分にあるので、ようやく体が回復してきた今あの話をちゃんと本来の、いやそれ以上の形で完成させてやりたいという思いがあるのです。

 実際にサイト上に話を上げられるのは当分先のことになりますが、上手く書き上げられたらその時はよろしくお願いします。それでは失礼します。
posted by きちょう at 21:59| サイト管理

2020年04月30日

世間が大騒ぎの4月

 色々と落ち着かないのに何の成果もない4月がもうすぐ終わります……

 いや自分的には体調がちょっと良くなったりそのおかげで小説のプロット書く気力が湧いてきたりしたのでちょっと良かったんですけどね。

 それ以上に浮世の騒乱に疲れた感があります。なんというか、ネガティヴなニュースは聞き続けちゃいかんですね。
 自分は自粛関係ないバイトなのでいつも通り体力使い果たすのに世情がこんななので精神的な疲れも溜まってなかなか不健全な一か月でした。……え? 延長? 勘弁してくだち。仕事に着ていくのにちょうどいい服が1枚チャック壊れて代わりを買おうにも店が閉まっててピンチなんだよぉおおお!

 体調もちょっと回復したとはいえまだまだ万全ではなく停滞の日々が続きます。
 茨の女王2章のプロットはちょっと進んでは戻って練り直す日々です。これに関してはもう一通り納得行くまでは考えた方がいいと思うのでもうちょい時間かかります。

 とりあえず1章みたいに一度完成させたと言いつつ後からすぐに直すようなことにはならないよう頑張ります。では今回はこんなもので。
posted by きちょう at 20:45| 日記

2020年03月28日

色々変更を余儀なくされる3月

 あ、ようやく開けた。
 さくらサーバのコントロールパネルの仕様変更で一瞬ブログが開けないよ〜とあたふたしておりました。

 ここだけでなく忍者のサービスが終了したりなろうの機能変更があったりそろそろサイト回りにちょっと手を入れなきゃいけない時期に来ているような気がしますが、今のところいつその辺をやるかまったく目途が立っておりません。

 年末からの体調不良が回復と悪化を繰り返し今ようやく多少安定の目が出てきたところです。自分で決めといて何ですが今の体力だと週4バイトはやっぱりきついようですね……。そのぐらいの方が必死で解決策を探したり試したりするので良いのかもしれませんが、おかげで精神的な安寧はなかなか得づらいところです。

 創作の方ですが実は……去年開始してまずは第1章を上げた茨の女王なんですがね、この主人公セルセラは魔女であり聖女でもある存在でして、性格の極悪さとは裏腹にゲーム的に言うなら回復タイプの魔導士でして……つまり何を言いたいかといいますとね。

 まさか医療・薬学系の魔女を主人公にした翌年にリアルパンデミックが世界中で巻き起こるとは思ってもいなかったので書こうと思っていた疫病関係の話が一つ潰れました(遠い目)。
 魔女であり聖女、奇跡と現実主義の両方を使い分ける相反する性質を併せ持つのが特徴の主人公なので作中での行動もその辺をごたまぜにするつもりなんですが、そうすると描写はリアリティよりファンタジックな演出に比重が置かれます。つまり……今まさに世界中が感染症対策してるなか、下手なこと書けなくね? という問題が。

 知識面もそうなんですが感情面でもセルセラの聖女(立場)的な側面を描くために宗教的なシーンとか結論が出るので時世を鑑みるとあんま良くない気が……。
 病気から助かった人に「神の御加護だよ」「日頃の行いがいいからだよ」って言ったらさ、死んだ人はそうじゃなかったみたいに聞こえるからね……。今はその辺が本当他人事じゃないからさぁ。

 まぁ構想していた話自体もすぐ次の2章の話じゃなくてそのうち並べたい外伝の一つくらいの位置なのでしばらく保留にしておきます。出来れば書きたいけど誰にどんな印象を与えどんなことを言われようとも絶対入れなきゃいけないほどの話ではないしな……。

 書きたいことは書く主義だけど、他人を嫌な気持ちにさせるために小説を使うのはいやだよね。自分がその場面に後で効いてくる意味があると思えばなんでも書くけれど、読む人がただ哀しくなるだけの話はちょっと……。
 
 ってことで、3月末は大分体調的に、世間の流れと生活への影響的に、関連して更に創作的にもごたついておりました。

 疫病ネタのボツだけじゃなく、クライマックスの展開とか他にも見直し、考え直した部分があって普通に構想練り直しとかもあるので、茨の女王を進めるのにはまだちょっと時間がかかりそうです。

 去年一年はバイトしながら小説も書いて色々限界を自覚した年でもありました。今年はもうちょっと無理なく、しかし確実に物事を進めるリズムを今の体調で掴むためにスローペースで参ろうと思います。

 3月は小説の更新はありませんが茨の女王の登場人物紹介がちょこちょこ追加されているのでこちらもよろしくお願いします。
 それでは失礼します。
posted by きちょう at 17:02| サイト管理

2020年02月15日

一部改稿終了

 茨の女王の第1章の部分改稿終了しました。

 1章からこんな調子ですみません。やっぱ逐次更新は無理があると思い知ったので2章以降は章単位で完成してからアップするストック形式にします。

 完全に書き上がってなくてもせめて大まかな骨組みである下書きまではやらないと展開がずれることを改稿しながら実感していました。今回の改稿では一度はまとめきれずに断念した展開をもう一度組み立てなおすような改稿が多かったので、やっぱり無駄に時間に追われて妥協するのは良くないなと。

 2章のストックがまるでないので次は数か月単位で更新が空くと思います……。
 こんな僻地をどれだけご覧になってくださっている方がいるかはわかりませんが、もうしばらくお待ちください。2章さえ書き上がれば次は2章を徐々にアップしている間に(書き上がっても一括アップロードはそれはそれで大変なので分割アップにします)3章の下書きを書く方針でいけそうなんですけどね……。

 それでは失礼します。
posted by きちょう at 19:12| サイト管理

2020年01月01日

寝正月

 明けましておめでとうございます。

 今年は新年1日目から体調を崩して寝込む羽目になりましたが、やってるゲームの進捗はいい感じで運勢五分五分っぽい感じです。
 創作の方は色々手直ししたり下書きを作ってから執筆にかかったりでなかなかサイトを更新できないかもしれませんが、とりあえず焦らず逸らずペースを守って健康を損なわない程度に進めて行きたいと思います。

 本年もよろしくお願いいたします。
posted by きちょう at 22:55| 日記

2019年12月24日

今年最後の更新

 無事に「揺蕩う闇、彷徨う星」の第1話終了まで書き上げることができました。
 お読みいただきました方どうもありがとうございます。

 最初は原稿用紙30枚ぐらいの前後編短編を予定していました。
 気が付いたら166枚で計5回費やしておりました。我ながら計画性のなさが酷い。

 何はともあれこれが今年最後の更新となります。

 今現在の生活ですと書きながらアップの繰り返しがちょっと無理のようですので、来年からはお話単位でまとめて書き上がったら更新する形式に変更になります。しばらく更新途絶えますが生きてるとは思います(オイ)。
 余裕があったらそれこそ短編でもちょこちょこ書きたいところですよね。余裕? うん、ないよ。

 ついでに茨の女王の第1章はやっぱりちょこちょこ書き直したいなーとか思ったりしてたり……。

 相変わらず成長のない奴ですみません。
 今年はありがとうございました。来年もまたよろしくお願いします。
posted by きちょう at 12:13| サイト管理